86-エイティシックス- 22話 シン 感想 シンは何のために、誰のために戦い抜くのか。

86-エイティシックス-

86-エイティシックス-が3か月ぶりに放送再開!

・・・ヤバイ、私の乏しい脳では前回の記憶があいまいすぎる・・・。

見る前はちょっと不安でしたが、22話は今までと同じようにハイクオリティな出来で、引き続き感動しました。

主人公が戦いぬく意味をようやく見つけて、長いプロローグが終わった感じでしたね!

ちなみに原作読んでないので、妄想入ってることはご容赦を。

シンにとって戦うこと、生き抜くこと

幼少期に「お前さえいなければ」と実の兄に殺されかけたシン。母親が殺され兄が苦しんだ責任を感じ、自分が生き残ることに意味を見出せませんでした。

出典:「86-エイティシックス-」

しかし戦闘技術がずば抜けていたこともあり、戦場ではどうしても仲間たちのほうが先に死んでしまうため、その仲間たちの魂を最後まで運ぶ役目を請け負ってしまいます。また、86は迫害されてきた境遇上、最後まで戦い抜くことが唯一の誇りという認識があり、シンも半ば強制的にその誇りを背負わされてしまいました。だからこそ、自分が生きることに意味を見出せないのに死ぬことができませんでした。

出典:「86-エイティシックス-」

共和国にいたころは、それでも化け物となった兄を解放することを目的として生きてきましたたが(おそらく、その末に相打ちになっても良かった)、その目的も達成されて自分の生きる意味を失います。自分よりも長く生きると考え、後を託したレーナも共和国の崩壊と共に亡くなったと確信。シンは生きる意味も、生き抜いた先に求めるものも分からず、ただ周りが死んでいく苦しみを味わっていくことに耐え切れなくなりモルフォ(キリヤ)との戦いで相打ちで死ぬことを望みます。

出典:「86-エイティシックス-」

その戦場の果てに出会ったのが生き残っていたレーナ。

彼女はこの絶望的な戦いを前に最後まで戦い抜く覚悟を決めていました。その理由は死んでいったスピアヘッドのメンバー・・・シンがかつて見送った仲間たちを戦いの果てに連れていくため。つまり、シンが負わされた役割をレーナも果たそうとしていました

出典:「86-エイティシックス-」

そして、レーナから「戦い抜いて、生き残ったことを誇りに思って良い」と言われ、涙を流したシン。シンが死を見送らない存在の、シンと同じ立場のレーナからハッキリと言われたことで、シンは初めて戦い抜いて生き残った自分を誇りに思うことができたということでしょうか。

そして、シンは戦い抜いた先をはっきりと見出します。レーナはシンが進んだ跡をたどって来ている。であれば、彼女にふさわしい景色を見せるために自分はこの先の道を開拓しなければならない。シンはレーナのために、この戦いに臨むことを、戦い抜くことの目的を見つけることができました。

出典:「86-エイティシックス-」

主人公が戦う目的がヒロインのためになるという王道展開がこの作品でみられるとは・・・

22話にしてヒロインの顔を知らない主人公

個人的に一番印象に残ったのはレーナの顔を見てもレーナだと分からなかったシンの場面。

今まで音声のみのやり取りしかなかったので当たり前ではあるんですが、「そうかあ、分からないのかあ」と少し肩透かしを食らいました(笑)ただ、顔を知らなくても、これだけ互いを信頼していた関係は尊いものに見えました。

出典:「86-エイティシックス-」

今回はレーナ側からシンのことを認識できませんでしたが、今のクールでその場面は来るのかなあ。一番盛り上がる場面だから、じっくりやってほしい反面、今回でやれなかったら二度とアニメで見れない可能性もあるので・・・複雑ですね・・・

2期決定早くして!

ということで、今回はここまで!

イーダがミリーゼのことを女王陛下と呼んでいましたが、あれはあだ名的な感じなのか、それともそのまま自分たちのトップという意味なのか・・・

あと、エイティシックスを助けに行くのは良いけど、共和国民は放っておいても良いんじゃない?(オイ)


コメント

タイトルとURLをコピーしました