ガガガ文庫 6月の新刊  高嶺さん・・・あらすじだけで可愛い・・・。

ガガガ文庫

ガガガ文庫 6/17発売の新刊です。

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い6.5

https://gagagabunko.jp/release/index.html

シリーズ初の短編集! 描きおろしも!

猿渡かざみ先生による新規書き下ろし中編を追加し、シリーズ1~6巻で店舗特典用に書き下ろされたSS(ショートストーリー)を四季をテーマにカテゴライズして、収録! バレンタイン、夏祭り、体育祭、クリスマス……佐藤さんの365日を記録した書き下ろし短編集! さらには、店舗特典SS以外にも、Twitter限定公開SSも大幅に加筆修正を加えて再収録! さらに店舗リーフレットなどでは再現されていない、Aちき先生による描きおろしイラストも多数収録の豪華仕様。ファン必携の一冊です。


高嶺さん、君のこと好きらしいよ

https://gagagabunko.jp/release/index.html

しおあまの猿渡氏がおくるニューラブコメ!

「高嶺さん、君のこと好きらしいよ」カタブツ風紀委員長・間島ケンゴの耳に届いた出所不明の噂……それはなんと、間島君に振り向いてほしい高嶺さん本人が流したものだった!? でも、真面目過ぎる間島君には通じなくて……「高嶺サキ、君がおれに好意を抱いていると聞いたが本当か」「どどどどどどうしてそんなこと聞くんですかっ……!?」※実は間島君も高嶺さんのことが好きです。初々しさともどかしさに、きっとあなたも身悶える! 『塩対応の佐藤さん』の猿渡かざみがおくる、新たな両片想い恋愛ハウツー・ラブコメ!!


董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~5

https://gagagabunko.jp/release/index.html

英雄、集結。

孫家と力を合わせ、天下無双を打ち破った董白。ところが息つく間もなく、曹操が南に進軍してくる。曹操の動きに歴史チートの匂いを感じた董白は、貂蝉の寝返りを疑うが……? さらに劉備兄弟も参戦し、ついに三国の英雄たちが一同に会そうとしていた。いっぽうその頃、再起不能の傷を負った呂布は、異民族の少女に命を救われる。彼女の名はエイ。その目に理知の光を宿した、不思議な子どもだった――。転生幼女のサバイバル三国志、桃源に見える第5幕!


変人のサラダボウル3

https://gagagabunko.jp/release/index.html

異世界の姫は学校へ、女騎士はパチンコへ。

惣助の尽力で戸籍を手に入れ、学校に通うことになったサラ。頭脳、メンタルともに規格外のサラは、当然のように入学早々波乱を巻き起こすのだった。一方、中学でぼっちになってしまった友奈にも、人生の転機となるような出来事が訪れ、惣助に想いを寄せるブレンダ&閨の悪女二人も、変化した状況に対して動き出す。そして何故かバンドでメジャーデビューを目指すことになったリヴィアは、パチンコでの負けを取り戻そうと沼にハマっていた――。ラブコメ度やや高め?で繰り広げる、変人達の奇想天外おもしろ群像喜劇第三弾!!


魔女と猟犬3

https://gagagabunko.jp/release/index.html

“海の魔女”とイナテラ海の女海賊
テレサリサとファンネルは、女騎士ヴィクトリアと共に船で大陸を南下していた。一行が向かうのは大陸最南端の<港町サウロ>。そこには、死にかけた男を蘇らせたという“海の魔女”の逸話があった。彼女なら瀕死の状態のまま凍結させたロロを復活させられるかもしれない。だが、“海の魔女”ブルハは、イナテラ海で名を馳せる海賊の一人だ。海を行き来する貿易商人や探検家たちにとって彼女はまさに海の厄災。話が通じるかどうかもわからない相手だった……。その頃、王国アメリアでは“鏡の魔女”たちの動向を受け、九使徒が行動を開始していた。


ママ友と育てるラブコメ

https://gagagabunko.jp/release/index.html

JKとの子育ては、慌ただしいけど尊い日常

昏本響汰は、3歳の妹が大好きなシスコン高校生。両親が共働きで家事育児もこなす。暁山澄は容姿端麗、頭脳明晰な孤高の少女。その存在感で何人たりとも寄せ付けない。ある日妹の入園式に参列した響汰は、頬を紅潮させ、カメラマンばりにシャッターを切る澄の姿を発見する。「郁、なんて愛らしいの……」彼女も、超ブラコンなお姉ちゃんだったのだ! お互い妹・弟の世話をしていることを知り、徐々に仲が深まっていく。料理、幼稚園の送り迎え、休日デート。そう、まさに二人の関係は“ママ友”だった――。子育てラブコメ堂々開幕!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ友と育てるラブコメ (ガガガ文庫) [ 緒二葉 ]
価格:682円(税込、送料無料) (2022/6/16時点)


霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない2

https://gagagabunko.jp/release/index.html

未来視の先に綴られた、美しき地獄──。

「かみさま」を失った藤咲からの逃亡生活を続ける、藤花と朔。自らを「不良品」と称す少女を守りながら、朔は今後の行く末に頭を悩ます。そんな二人のもとに、未来視の異能をもつ「永瀬」の遣い――未知留が訪れる。永瀬の擁する「ほんもの」が視た藤花と朔にまつわる幾つかの光景。雪の降る永瀬の邸にて繰り広げられる、未来視を巡った狂気の発露。それは『少女たるもの』になれなかった誰かの、在りし日の恋の残滓。これは、過去に自分を求める少女と現在に自分を認める女の、「想い」が生んだ美しき地獄の物語。


あらすじを読んで、ビビッときたのは「高嶺さん、君のこと好きらしいよ」です。

あらすじだけで高嶺さん可愛い・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました